コラーゲン注射でシワとたるみを撃退

35歳頃から肌の老化現象に本格的に悩まされる

35歳頃から肌の老化現象に本格的に悩まされる様々なトラブルもシワとたるみだけは改善できないクリニックでコラーゲン注射をしシワもたるみも気にならない顔に

25歳がお肌の曲がり角と言われていますが、私が肌の老化現象に本格的に悩まされるようになったのは35歳頃からです。
10代や20代の頃は、食生活の乱れが続いても寝不足でも疲れていてもストレスが溜まっていても肌に何の影響もありませんでしたが、30代になってからは不摂生な生活や疲労やストレスやホルモンバランスの乱れなどが肌にダイレクトに反映されるようになり、肌質も変わってしまった感じです。
とにかく乾燥がひどくて、キメも粗くて角質のゴワゴワ感や毛穴のブツブツ感にも悩まされるようになりました。
その悩みが本格化してきたのが35歳頃で、人生で初めてエイジングケアの必要性を強く感じた瞬間でもあります。

とりあえず眉間のしわはだねえ、コラーゲン注射すっかw

— バタモロ@昭和婦人 (@ButterMolokai) June 22, 2020
具体的な悩みについてですが、表情を動かすたびに額に横じわが入ったり眉間に縦じわが入ったり目元にちりめんじわが生じたり口元の法令線がくっきり出たりする、目元がたるみハリ感が失われているのでアイライナーが引きにくくアイメイクを完成させるのも一苦労、皮膚のたるみに伴い頬の毛穴が縦長に伸びながら開きファンデーションを塗ると思いっきり毛穴落ちする、目元のハリ不足とクマとシミと乾燥小じわが合わさって老け顔になってしまう、全体的に顔の皮膚が下がっている感じで輪郭が緩みブルドッグフェイスになってしまうなどがあります。